闘う者たちへの挽歌・考(1)◆虞美人

久々にブログ再開するにあたって何からどう書いていけばいいかと悩みつつ、
初日公演を見、友人やTwitterで意見交換をしてみましたけれども。
書きたいことがいっぱいあるんだけどうまくまとまるまでは時間がかかるかもしれません(いつも通りやん)。

普段ならキャラ萌えが先走ってるところなんだが、役者への愛語りはとりあえず置いといて、脚本・演出から

良い処も悪い処もひっくるめて木村作品が真面目に好きな自分を再認識した。
キムシンの演出が好きな自分は多少電波な脚本も全然許容範囲。

破綻させてナンボの木村先生がノーマルな作品を作ったところに驚き(笑)
役者がどうのこうの、以前に、キムシンとしてどうなのか、を考えこんでしまった。

今までの不評を踏まえてなのか、
木村信司は今回、木村節を相当セーブしているように思う。
本人が大人になっちゃったのか、ストッパーがいたのかはしらんが。

その1、電波ソングがない。
スゴスゴつよつよ欲しいものをいってごらんカエサルはえらいえらい愛しているどうしようもなくどうか僕とどうか僕と結婚してください・・・とか歌わない。
プリティ一花の「愛・愛・愛」は昔の歌らしいので除く。

女好き劉邦にはがっちりモテモテソングがくるはずだと思ってたよオイラ!

その2、押し付けがましい民衆の叫びや平和主張がない。
あるんだけどね、いちおう。でもそれは戦況における和解策であって、
エチオピアの滅びをみたアイーダの嘆きとか、
キリスト教に迫害されたユダヤ人とか、
脚本上の善悪の対立から主張されるものじゃない。

四面楚歌のあたりで、戦いに疲弊した兵士たちが脱落してく悲惨さをもっと項羽に訴えたりすると思ってたよオイラ!
それが派手であれば派手であるほど、ラストへの効果があるわけでね。




今回、戯曲版ではなく司馬版「項羽と劉邦」の小説を読んで挑んだのですが(正確にはあとちょっとで読み終えるとこまで)もちろん戯曲と小説では構成が異なるとはいえ、怖れていたたぐいのオリジナル要素(笑・お兄ちゃんとかお兄ちゃんとか!)もなく、展開は忠実だったんじゃないかなあと思う。だからその意味では安心して下さい(笑)

中国キャラにはあまり詳しくないので項羽と劉邦、虞美人達がどういうキャラなのがデフォルトなのかは判らないけど、司馬版のイメージからはそんなに離れてなかったと思う。

ただ、天下獲りレースの戦国混乱期を描いてた割に、不思議と全体的にフラットな印象だった。

虞と項羽のラストはさすがの盛り上げ処で、アホほど涙しましたけども。

そこへたどり着くまでがどうにもこうにも平坦というか、
いや起こってる事象は色んな人が死んだり負けたり勝ったりしてる筈なんだけど
ぜんぶ「説明台詞」になってるのがいちばんの原因じゃないだろうか。

ここで脳裏に浮かぶのはやはり1年前の「太王四神記」で、
今考えれば驚くほどアクションで表現された演出だったなあと思うし、迫力もあった。

確かに「太王四神記」より難しい題材なんだろうなと感じた理由を、私なりに書きだしてみると、こうなる。



【覇王を望んだ人】→ホゲ・項羽
【周りの人達によって思わぬ立場になってしまった人】→タムドク・劉邦
と置き換えれば、同じ対立構造にみえる(キャラ立ては全く違うけどね)。

しかし、これには問題があって、テサギが「タムドク派・ホゲ派」の明確な2派対立だったのに対し、
「虞美人」はいわばリアル戦国時代、下克上万歳の世界だ。

■「項羽の、勇猛さを引き立たせる為の部下たち」
(イルスやチョクファンのような)

■「劉邦の、人を惹きつける人柄を引き立たせる為の部下たち」
(コ将軍やスジニやヒョンゴのような)


↑コレが足りないが故に、いったい今、何と戦っているのか、舞台で一見しただけではわかりにくいような気がする。

序盤は秦帝国を倒すために、項羽と劉邦は共闘し、義兄弟ともなるわけですが、
その後は天下獲りレースとなるふたりの対立、その心情の流れがうまく伝わるにはもう少しの書き込みが必要だとおもうんですよねえ。




・・・夜中に書いてるのでうまく整理できてませんがとりあえずUPします。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ニケ

カテゴリー

ユーザータグ

真飛聖 「最新情報」 大和悠河 安蘭けい 「退団」 瀬奈じゅん 壮一帆 水夏希 和央ようか 「ラインアップ」 「グッズ」 桜乃彩音 大空祐飛 春野寿美礼 蘭寿とむ 初風緑 彩吹真央 「メディア」 朝海ひかる 愛音羽麗 荻田浩一 樹里咲穂 霧矢大夢 「スカイ・ステージ」 柚希礼音 「拍手レス」 貴城けい 「遠征」 未来優希 陽月華 「ネタ」 彩乃かなみ 「ビデオ観賞」 「ラストデイ」 「惜しみなく愛の言葉を君に捧ぐ」 野々すみ花 花總まり 矢代鴻 「ポスター」 「イベント」 美穂圭子 齋藤吉正 「アンケート」 「千秋楽」 綺華れい 涼紫央 未涼亜希 凰稀かなめ 「夢」 「音楽」 轟悠 天真みちる 遠野あすか 朝夏まなと 七帆ひかる 真野すがた 日向燦 華形ひかる 「Hits記録」 紫城るい 白羽ゆり 音月桂 小池修一郎 「エジプト旅行」 早霧せいな 青樹泉 「花舞紀行」 明日海りお 湖月わたる 「入り出」 望海風斗 「スミレ戦隊AQUA5」 「初日」 正塚晴彦 「メガネ」 星条海斗 美羽あさひ 望月理世 藤井大介 「グルメ隊」 出雲綾 凪七瑠海 彩那音 「プチミュージアム」 「アンケーツ」 夢咲ねね 桜一花 「駄文(闇)」 「おいら。」 「お茶会」 悠未ひろ 「お髭」 夢輝のあ 北翔海莉 「美容」 「初舞台生」 「誕生日」 植田景子 「ブログ戯言」 北嶋麻実 白華れみ 「Michael_Jackson」 花野じゅりあ 龍真咲 和音美桜 木村信司 高翔みず希 真矢みき 紅ゆずる 立樹遥 「新人公演」 貴羽右京 「漫画」 萬あきら 「観劇総数」 遼河はるひ 夏美よう 「T4」 「ポスター列伝」 愛原実花 十輝いりす 月野姫花 寿つかさ 悠真倫 桐生園加 初姫さあや 銀華水 彩苑ゆき 紫吹淳 大湖せしる 天咲千華 水美舞斗 春風弥里 草野旦 大野拓史 舞風りら 一樹千尋 蒼乃夕妃 鳳翔大 沙央くらま 「男前豆腐」 暁郷 磯野千尋 檀れい 紫峰七海 美郷真也 柊巴 立ともみ 真風涼帆 舞羽美海 「映画」 柴田侑宏 大月さゆ 祐澄しゅん 山科愛 春日野八千代 宇月颯 煌雅あさひ 彩海早矢 「演出家」 「81期」 絵莉千晶 月央和沙 愛華みれ 扇めぐむ 香寿たつき 麻尋しゅん 夢乃聖夏 日高大地 愛純もえり 大浦みずき 汀夏子 羽桜しずく 七海ひろき 華凛もゆる 美牧冴京 「アフロ」 越乃リュウ 彩輝直 谷正純 「ゲーム」 大河凜 邦なつき 吉田優子 鳳蘭 栗本薫 鳳樹いち 水瀬千秋 聖花まい 嶺乃一真 紫陽レネ 安里舞生 貴千碧 ふづき美世 飛鳥裕 蓮城まこと 風莉じん 麻愛めぐる 研ルイス 咲真たかね すみれ乃麗 祐穂さとる 御崎恵 榛名由梨 玲実くれあ 植田紳爾 高嶺ふぶき 天勢いづる 紫苑ゆう 琴まりえ 梅園紗千 百花沙里 花峰千春 夏城らんか 輝良まさと 天緒圭花 美春あやか 花織千桜 「おとめ」 神麗華 蘭乃はな 小柳奈穂子 瀬戸かずや 真輝いづみ 岡田敬二 芽吹幸奈 五峰亜季 梓晴輝 生田大和 緒月遠麻 鳳月杏 風斗 美輪明宏 望海 れみ 白華 萌野りりあ 舞城のどか 横尾忠則 大伴れいか 青木朝子 太田健 鈴鹿照 千雅てる子 叶千佳 天海祐希 映美くらら 音花ゆり 嘉月絵理 水輝涼 朝澄けい 秋園美緒 真波そら 児玉明子 花瀬みずか 黒木瞳 八雲美佳 鈴木圭 千紘れいか 早乙女わかば 美弥るりか 仙堂花歩 稀鳥まりや 矢吹翔 漣レイラ 尚すみれ 鳳真由 南海まり 酒井澄夫 湖々マリア 甲斐正人 谷みずせ 穂月はるな 琉動真瑳 「花のみち」 香翔なおと 茉莉邑薫 汐美真帆 初嶺麿代 蓮水ゆうや ゆり香紫保 彩輝なお 花純風香 彩愛ひかる 花影アリス 星奈優里 「携帯電話」 「ビデオ鑑賞」 瀧川末子 「パレード」 朝峰ひかり 「女装」 冴月瑠那 石田昌也 貴怜良