生の始めに暗く、死の終りに冥(くら)し。

人は世間愛欲の中に在りて、独り生じ、独り死し、独り去り、独り来る。
行いをおいて苦楽の地に至り趣く。身自ら之を受く。変わるもの無し。
『無量壽経』


この月になると毎年思い出す曲がある。
中島みゆきの「十二月」という曲である。


自殺する若い女が この月だけ急に増える
それぞれに男たち 急に正気に返るシーズン
大都会の薬屋では 睡眠薬が売り切れる
なけなしのテレビでは 家族たちが笑っている
  何万人の女たちが あたしはちがうと思いながら
  何万人の女たちと 同じと気がついてしまう月
人の叫びも 鴃(もず)の叫びも
風の叫びも 警笛(ふえ)の叫びも
みんな似ている みんな似ている
人恋しと泣け 十二月




辛辣な歌詞だ。
自分は不幸なんかじゃないと叫びながら、街の中を歩くとふと気が付いてしまうことがあるのだろう。
ああでも貴女はあんなにも愛されていたじゃないか。どうしてこんなことになるのだと。
飯島愛の死を、思う。

芸能界は、見た目の華やかさ以上に、スタッフや同業者との繋がりがとても大事な場所だということを業界にいた知人に聞いたことがある。スター扱いなんて一瞬のうちだ。一生その中で泳いでいくためにはやっぱり人との繋がりが本当に大切で。だからあんなにもたくさんの方に引退を惜しまれていたあのひとは、心ある女性だったと思うよ。

私がいつも以上に衝撃を受けてしまったのは、先日、とある人を見送ったからで。
2年前に末期癌が発覚してから、家族の次に近い場所で、ずっとみてきた人が、最期を迎えた。
昭和ヒト桁代の方で、もう考えられないくらい頑固で、強くて、全身に転移しているのに死の数週間前まで自転車で街をぶらつくようなヒトだった。家族でさえあきれてしまうほど気力で跳ね返そうとして自分の癌を否定し続けた。心配なんてさせてくれなかった。それは、死を受け入れられずに恐怖と闘っていた、ある意味では精神的な弱さも持っていたからだと思う。
亡くなった次の朝に対面したその顔は、思わず写真をとりたくなるくらいにっこりした笑顔だったので。いやほんと、今にも起きてきそうな笑顔だったので、びっくりして。あんなにも死を拒否していた人だから、最期は苦しんだ顔だったらどうしようと思っていたので、なんだかとても力が抜けて、ああ、ほんとによかったなあと涙が出てきて。私はこの人が死を迎えるまでの2年間、とても自分の死について考えさせられた。
金持ちも貧乏人も、美しい人醜い人も、必ず最期を迎える日が来る。私も。遺体となって。

どうやって生きるかばかりで、どうやって死ぬかなんてあまりリアルじゃないし死ぬ時は死ぬだろうなんて思っていても、いざ死んだ身体というものを目の前にすると考えさせられるものがありました。まだまだ私は家族も生きているし、これから見送るひともたくさんいるのだろうと。

そして、前後してしまうのですが、先月末にふと、とあるヅカブログさんのところを訪れたら、つい先日亡くなったという衝撃的なできごとがありまして・・・普段はほとんど訪問しないのに、数ヶ月ぶりに行ったらそんなことになっていて。私は直接交流があったわけではないけれど、やはりショックはありました。止まったままのブログがなんだかとても寂しくて。現実感もなく。

なんだかグダグダな文章になってしまいましたが、何故か今月は人の死というものが次々とのしかかってきたような気がしてならず、なんだかみんなが次々と居なくなっていくことが寂しくてならず、ああでも人は孤独なんだということをかみしめていたのです。

生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、死に死に死に死んで死の終りに冥(くら)し。
―空海
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

ニケ

カテゴリー

ユーザータグ

真飛聖 「最新情報」 大和悠河 安蘭けい 「退団」 瀬奈じゅん 壮一帆 水夏希 和央ようか 「ラインアップ」 「グッズ」 桜乃彩音 大空祐飛 春野寿美礼 蘭寿とむ 初風緑 彩吹真央 「メディア」 朝海ひかる 愛音羽麗 荻田浩一 樹里咲穂 霧矢大夢 「スカイ・ステージ」 柚希礼音 「拍手レス」 貴城けい 「遠征」 未来優希 陽月華 「ネタ」 彩乃かなみ 「ビデオ観賞」 「ラストデイ」 「惜しみなく愛の言葉を君に捧ぐ」 野々すみ花 花總まり 矢代鴻 「ポスター」 「イベント」 美穂圭子 齋藤吉正 「アンケート」 「千秋楽」 綺華れい 涼紫央 未涼亜希 凰稀かなめ 「夢」 「音楽」 轟悠 天真みちる 遠野あすか 朝夏まなと 七帆ひかる 真野すがた 日向燦 華形ひかる 「Hits記録」 紫城るい 白羽ゆり 音月桂 小池修一郎 「エジプト旅行」 早霧せいな 青樹泉 「花舞紀行」 明日海りお 湖月わたる 「入り出」 望海風斗 「スミレ戦隊AQUA5」 「初日」 正塚晴彦 「メガネ」 星条海斗 美羽あさひ 望月理世 藤井大介 「グルメ隊」 出雲綾 凪七瑠海 彩那音 「プチミュージアム」 「アンケーツ」 夢咲ねね 桜一花 「駄文(闇)」 「おいら。」 「お茶会」 悠未ひろ 「お髭」 夢輝のあ 北翔海莉 「美容」 「初舞台生」 「誕生日」 植田景子 「ブログ戯言」 北嶋麻実 白華れみ 「Michael_Jackson」 花野じゅりあ 龍真咲 和音美桜 木村信司 高翔みず希 真矢みき 紅ゆずる 立樹遥 「新人公演」 貴羽右京 「漫画」 萬あきら 「観劇総数」 遼河はるひ 夏美よう 「T4」 「ポスター列伝」 愛原実花 十輝いりす 月野姫花 寿つかさ 悠真倫 桐生園加 初姫さあや 銀華水 彩苑ゆき 紫吹淳 大湖せしる 天咲千華 水美舞斗 春風弥里 草野旦 大野拓史 舞風りら 一樹千尋 蒼乃夕妃 鳳翔大 沙央くらま 「男前豆腐」 暁郷 磯野千尋 檀れい 紫峰七海 美郷真也 柊巴 立ともみ 真風涼帆 舞羽美海 「映画」 柴田侑宏 大月さゆ 祐澄しゅん 山科愛 春日野八千代 宇月颯 煌雅あさひ 彩海早矢 「演出家」 「81期」 絵莉千晶 月央和沙 愛華みれ 扇めぐむ 香寿たつき 麻尋しゅん 夢乃聖夏 日高大地 愛純もえり 大浦みずき 汀夏子 羽桜しずく 七海ひろき 華凛もゆる 美牧冴京 「アフロ」 越乃リュウ 彩輝直 谷正純 「ゲーム」 大河凜 邦なつき 吉田優子 鳳蘭 栗本薫 鳳樹いち 水瀬千秋 聖花まい 嶺乃一真 紫陽レネ 安里舞生 貴千碧 ふづき美世 飛鳥裕 蓮城まこと 風莉じん 麻愛めぐる 研ルイス 咲真たかね すみれ乃麗 祐穂さとる 御崎恵 榛名由梨 玲実くれあ 植田紳爾 高嶺ふぶき 天勢いづる 紫苑ゆう 琴まりえ 梅園紗千 百花沙里 花峰千春 夏城らんか 輝良まさと 天緒圭花 美春あやか 花織千桜 「おとめ」 神麗華 蘭乃はな 小柳奈穂子 瀬戸かずや 真輝いづみ 岡田敬二 芽吹幸奈 五峰亜季 梓晴輝 生田大和 緒月遠麻 鳳月杏 風斗 美輪明宏 望海 れみ 白華 萌野りりあ 舞城のどか 横尾忠則 大伴れいか 青木朝子 太田健 鈴鹿照 千雅てる子 叶千佳 天海祐希 映美くらら 音花ゆり 嘉月絵理 水輝涼 朝澄けい 秋園美緒 真波そら 児玉明子 花瀬みずか 黒木瞳 八雲美佳 鈴木圭 千紘れいか 早乙女わかば 美弥るりか 仙堂花歩 稀鳥まりや 矢吹翔 漣レイラ 尚すみれ 鳳真由 南海まり 酒井澄夫 湖々マリア 甲斐正人 谷みずせ 穂月はるな 琉動真瑳 「花のみち」 香翔なおと 茉莉邑薫 汐美真帆 初嶺麿代 蓮水ゆうや ゆり香紫保 彩輝なお 花純風香 彩愛ひかる 花影アリス 星奈優里 「携帯電話」 「ビデオ鑑賞」 瀧川末子 「パレード」 朝峰ひかり 「女装」 冴月瑠那 石田昌也 貴怜良