遠野賛歌◆ベルばらベルナール編

勢い余った叫びに賛同してくださった方ありがとうございます;
とうこさん、なかなか好評のようです。

そしてもうひとつ。
「娘役・遠野あすか」に脱帽。

ポスターの時点では、今更あすかちゃんにロザリーはどうなの、なんて思っていた。

正直すまんかった。
…むちゃ可愛い!
ロザリーの持つ清楚な可憐さと芯の通った性格が自然にでているの。

ここのところあすかちゃんの「娘役」にはとんとお目にかかっていないものだから、忘れてたなあ。
数多くの個性的な女役もこなしてきた人だけれど、どちらかというと本来は「娘役」の方に近いのかなと思う。

そして、娘役である以前に「人間」を演ずる役者としてのリアリティさがとても好きだ。
オイラの中でのリアリティというのは、人間が抱える「負」の部分をちゃんと演じられるということ。

遠野あすかという役者を意識したのは、たかこさん主演の宙組「crossroad」のビデオを観た時からだと思うんだが、少女独特のわがままさ、鬱陶しさが見事に表現されていて、「厭な子だなあ」と思いつつも(笑)、ラストでグッと泣かされてしまったものである。

遠野あすかは、役に媚びない。

宝塚の娘役である以上、皆に好かれる可愛らしいお姫様、死語でいうなら「ぶりっ子」、フェアリーとしての部分は多少なりとも現れるもので、そういう娘役特有の「媚」は嫌いではない…というかむしろ大好きだし、プロフェッショナルとしてそれを極められるならば尊敬するくらいだ。

しかしこの人は娘役であること以上に役の本質に忠実だと思う。

「エル・アルコン」のギルダや「コパカバーナ」のコンチータ、「マラケシュ」のイヴェットで別格女役のような苛烈さを発揮し、不滅の棘で女の嫉妬の醜さに妙にリアリティがあって、「やっぱり厭な女だなあ」と(役としての意味で)感じさせられる。

よくある「厭な女だけど憎めない設定」、じゃなくて、
「厭な部分」を「厭なまま」演じているからこそ、そこに共感してしまう。

そういう遠野あすかだから。
娘役のスキルを発揮する今回のような役でも、不思議と違和感なく溶け込んでいた。
「スカーレット・ピンパーネル」から引き続いて同時代の公演ということもあるかもしれないけれど、立体的な役作りに観えたし、御大作じゃない普通の脚本なら(泣)もっと役を息づかせられるんじゃないかなあと思う。

いや、ベルばら特有のハッタリ大芝居は、とても素晴らしいものだと思ってます。
あれが現代ミュージカル風にリアリティのある群集芝居になればいいのかというと、そうでもない気がするんだよな(観てみたいけど)。

「エリザベート」はこなせても、ちょっとダサい古臭さや土臭さを含め、ああいったスター芝居ができる役者が少なくなってきているのは時代の流れなんだろうけれどね。

きらびやかさや迫力のある舞台であることは確かだと思うんだ。
ただちょっとばかりありえない脚本を書く人が居るだけで(笑)


色々思い返してたら、長々してしまいました。
色んなタイプの娘役がいるけれども。

オイラにとって遠野あすかが演ずる女は、とてもイヤな女で、とてもイイ女なのである。
関連記事

コメント

ぽち

ポスターを見た時(や配役の時点で)思ったことと、舞台を観てから思った感想がモロに同じです(笑)
ホント「すまんかった。めちゃ可愛い!」です。

私にとってのあすかちゃんの第一印象は宙組時代のときで、「上手いんだろうがなぜか好きじゃない」と思ってたのが懐かしいです。
そこからこんなにも大好きになろうとは。。。
「とてもイヤな女で、とてもイイ女」本当にそうですね。

ニケ

ぽちさん

ほんと、演技力って力だなあとほとほと感心させられますよー!
娘役の「上手い」っていうのは諸刃の刃でもあるのですけれどもね(笑)
イイオンナです、まったく。
非公開コメント

プロフィール

ニケ

カテゴリー

ユーザータグ

真飛聖 「最新情報」 大和悠河 安蘭けい 「退団」 瀬奈じゅん 壮一帆 水夏希 和央ようか 「ラインアップ」 「グッズ」 桜乃彩音 大空祐飛 春野寿美礼 蘭寿とむ 初風緑 彩吹真央 「メディア」 朝海ひかる 愛音羽麗 荻田浩一 樹里咲穂 霧矢大夢 「スカイ・ステージ」 柚希礼音 「拍手レス」 貴城けい 「遠征」 未来優希 陽月華 「ネタ」 彩乃かなみ 「ビデオ観賞」 「ラストデイ」 「惜しみなく愛の言葉を君に捧ぐ」 野々すみ花 花總まり 矢代鴻 「ポスター」 「イベント」 美穂圭子 齋藤吉正 「アンケート」 「千秋楽」 綺華れい 涼紫央 未涼亜希 凰稀かなめ 「夢」 「音楽」 轟悠 天真みちる 遠野あすか 朝夏まなと 七帆ひかる 真野すがた 日向燦 華形ひかる 「Hits記録」 紫城るい 白羽ゆり 音月桂 小池修一郎 「エジプト旅行」 早霧せいな 青樹泉 「花舞紀行」 明日海りお 湖月わたる 「入り出」 望海風斗 「スミレ戦隊AQUA5」 「初日」 正塚晴彦 「メガネ」 星条海斗 美羽あさひ 望月理世 藤井大介 「グルメ隊」 出雲綾 凪七瑠海 彩那音 「プチミュージアム」 「アンケーツ」 夢咲ねね 桜一花 「駄文(闇)」 「おいら。」 「お茶会」 悠未ひろ 「お髭」 夢輝のあ 北翔海莉 「美容」 「初舞台生」 「誕生日」 植田景子 「ブログ戯言」 北嶋麻実 白華れみ 「Michael_Jackson」 花野じゅりあ 龍真咲 和音美桜 木村信司 高翔みず希 真矢みき 紅ゆずる 立樹遥 「新人公演」 貴羽右京 「漫画」 萬あきら 「観劇総数」 遼河はるひ 夏美よう 「T4」 「ポスター列伝」 愛原実花 十輝いりす 月野姫花 寿つかさ 悠真倫 桐生園加 初姫さあや 銀華水 彩苑ゆき 紫吹淳 大湖せしる 天咲千華 水美舞斗 春風弥里 草野旦 大野拓史 舞風りら 一樹千尋 蒼乃夕妃 鳳翔大 沙央くらま 「男前豆腐」 暁郷 磯野千尋 檀れい 紫峰七海 美郷真也 柊巴 立ともみ 真風涼帆 舞羽美海 「映画」 柴田侑宏 大月さゆ 祐澄しゅん 山科愛 春日野八千代 宇月颯 煌雅あさひ 彩海早矢 「演出家」 「81期」 絵莉千晶 月央和沙 愛華みれ 扇めぐむ 香寿たつき 麻尋しゅん 夢乃聖夏 日高大地 愛純もえり 大浦みずき 汀夏子 羽桜しずく 七海ひろき 華凛もゆる 美牧冴京 「アフロ」 越乃リュウ 彩輝直 谷正純 「ゲーム」 大河凜 邦なつき 吉田優子 鳳蘭 栗本薫 鳳樹いち 水瀬千秋 聖花まい 嶺乃一真 紫陽レネ 安里舞生 貴千碧 ふづき美世 飛鳥裕 蓮城まこと 風莉じん 麻愛めぐる 研ルイス 咲真たかね すみれ乃麗 祐穂さとる 御崎恵 榛名由梨 玲実くれあ 植田紳爾 高嶺ふぶき 天勢いづる 紫苑ゆう 琴まりえ 梅園紗千 百花沙里 花峰千春 夏城らんか 輝良まさと 天緒圭花 美春あやか 花織千桜 「おとめ」 神麗華 蘭乃はな 小柳奈穂子 瀬戸かずや 真輝いづみ 岡田敬二 芽吹幸奈 五峰亜季 梓晴輝 生田大和 緒月遠麻 鳳月杏 風斗 美輪明宏 望海 れみ 白華 萌野りりあ 舞城のどか 横尾忠則 大伴れいか 青木朝子 太田健 鈴鹿照 千雅てる子 叶千佳 天海祐希 映美くらら 音花ゆり 嘉月絵理 水輝涼 朝澄けい 秋園美緒 真波そら 児玉明子 花瀬みずか 黒木瞳 八雲美佳 鈴木圭 千紘れいか 早乙女わかば 美弥るりか 仙堂花歩 稀鳥まりや 矢吹翔 漣レイラ 尚すみれ 鳳真由 南海まり 酒井澄夫 湖々マリア 甲斐正人 谷みずせ 穂月はるな 琉動真瑳 「花のみち」 香翔なおと 茉莉邑薫 汐美真帆 初嶺麿代 蓮水ゆうや ゆり香紫保 彩輝なお 花純風香 彩愛ひかる 花影アリス 星奈優里 「携帯電話」 「ビデオ鑑賞」 瀧川末子 「パレード」 朝峰ひかり 「女装」 冴月瑠那 石田昌也 貴怜良