硝子の空の記憶

突然ですが、轟御大の「ROSE GAEDEN」(東宝楽)が最近のお気に入り映像だったりする。特に後半の、ブンちゃん銀橋わたりから始まるトドさまを中心としたダンシング・ローズ場面がすき。スーツ姿で客席に背を向けてるんだが、男は背中で語るを地で行ってるなあとおもわれます。あの骨太な動きと歌はやはりすばらすぃです。そしてトドさまといえばこれ以上ないくらい薔薇が似合う人だと思うんだが、ドリームキングダムにしろ、水しぇんのグッズにしろ、雪男は妙に薔薇に縁がある気がス。

で、トド様つながりで今日は「パッサージュ」を全編観た。名場面集なんかで「硝子の空の記憶」の場面やオープニング、エトワールはよく観ていたんで大体雰囲気は知ってたけどな。
前半、ぜんっぜんトドさまでてこねー、と思ってたら、「地獄の王」場面カットされてるんですってね。Σ(゚д゚lll)TCAのおばか。
いやー…しかし。バビロン以降のオギーショーを観てからコレを観ると、ザ・オギー的な場面と、のーてんきなパリ・レヴュー的場面がものっすごく乖離してみえるなあ…。
カモフラージュか、と問いたくなる(笑)

なんつっても中詰めの「硝子の空の記憶」ですが…荻田作品にここぞという時に使われる斎藤恒芳氏の音楽は脳髄に響くのよ…他のオギーショーはもちろん、白昼の稲妻・劇中劇だのドリキン第3部だの、斎藤恒芳音楽にはめっきり弱い私。
毒気が強いので、精神的に参ってる時はキツイ…それだけ共鳴してるんだろーなー。
ハマコさん・圭子姐さんの歌も相変わらずすばらすぃ。

あと硝子…の直前の男役場面も相当グラグラきます。高橋城氏の曲で、ダ、ダダ、ダダ…と迫力のあるリズム音で始まる「パッサージュ」というまんまなタイトルなんだが、「夜を往く黒い影・・・」と陰鬱なコーラスと、パワーボーカルで歌う轟悠。
闇夜の地平から響き渡るような声と、男役を従える表情の強靭さ。短い場面ですが、男役轟の本質が端的に現れていると思う。直後のとってつけたような瞬間レビューは要らないんじゃないかと(笑)

そして白タキもいいけど、コムちゃんにはラストまで天使でいってほしかったなー…いやほんと、あの人の踊りは妖精っつか人間以外っつか。たまらない。

今日は思いもかけずトド様話になりましたー。
なんというか居るのが当然な人なので、普段はスルーしてますが、やっぱりあの重厚な存在感は好きですよ。そーいえば個展おつかれさまっす(笑)

で、今度はオギーつながりでドルチェ・ヴィータの映像を久々にひっぱりだしてきたんですが、荻田作品は、1回目よりも2回目以降、回数重ねて観るたびに濃く感じられて飽きないねえ。でも朝はバビロンも観てたんで、オギートリプルコンボはキツイわー(笑)。
関連記事

コメント

ぽち

パッサージュもかなり面白いですよね。
カモフラージュかっておかしい(笑)初のショーだからちょっと猫かぶってる感じもしなくもない(笑)
硝子の空の記憶のところ、すごく好きです。音楽イイですよね~!
オギーは音楽センスがないという意見もありますが、私は大好きなんですがね~。
あのショー、ひたすらコムさんの天使が魅力的だったと私は思います。ポジション的には4.5番手位なんですけどね。

あ、ドルチェヴィータは博多座バージョンとも見比べて下さいね!違いがすごく面白いから!!

ニケ

なるほど~、オギーに音楽センスがないという意見があるんですね。思ったこともなかったのでビックリしました。確かに音楽の使い方は往年の宝塚的ではないのかもしれませんね。どちらかというと映画のサウンドトラック的。あと、シンセサイザー系も多いので、合わない方もいるんでしょうね。そして正にコムちゃんに焦点が合った作品というか、退団公演を見てもオギーにぴったりの役者だったと思います。だった、って今後も荻田演出に出るんですけどね、コムちゃん(笑)

ドルチェの博多座みたい~みたい~CS放送~!たにちゃん番組で、あの魅惑的なロケットだけ観ましたが(笑)公演するたびに変化をつけるオギーはやはりすばらしーですね~。

zunzun

「ROSE GAEDEN」「パッサージュ」は生で劇場で見ました。
ドリームキングダムは残念ながら行けてないのですが、お気に入りのショーで録画したのを何度も見ました、
「硝子の空の記憶」の場面は大好きです。
ザ・オギー的テイストにコムさんはほんとぴったりはまるスターさんでしたね。荻ー先生の創作意欲をかきたてる逸材だったと思います。
私は昨晩はタランテラを見てました。タランテラ大好きなんですよ。

ニケさんとぽちさんのマニアなやりとりについていけないときありますが、がんばって勉強しま~す。

ニケ

マ、マニアですか(笑)
そうですねえ、ひとそれぞれあると思いますが、一般のヅカファンとちょっとずれたマニアックなツボが多いのかもしれません(笑)特に音楽のツボが多い・・・。
zunzunさんナマで観られたんですね!うらやましい~。どうしてもビデオで削られてる「地獄の王」場面が観たいんですけどねえ・・・荻田作品で場面カットすると、つながりがさっぱりわからなくなります(笑)
タランテラも傑作ですね。荻田氏のツボを見た気がします(笑)当時はサヨナラってことにいっぱいいっぱいだったんですが、改めてビデオで見るといろんな仕掛けがあって面白いです☆
非公開コメント

プロフィール

ニケ

カテゴリー

ユーザータグ

真飛聖 「最新情報」 大和悠河 安蘭けい 「退団」 瀬奈じゅん 壮一帆 水夏希 和央ようか 「ラインアップ」 「グッズ」 桜乃彩音 大空祐飛 春野寿美礼 蘭寿とむ 初風緑 彩吹真央 「メディア」 朝海ひかる 愛音羽麗 荻田浩一 樹里咲穂 霧矢大夢 「スカイ・ステージ」 柚希礼音 「拍手レス」 貴城けい 「遠征」 未来優希 陽月華 「ネタ」 彩乃かなみ 「ビデオ観賞」 「ラストデイ」 「惜しみなく愛の言葉を君に捧ぐ」 野々すみ花 花總まり 矢代鴻 「ポスター」 「イベント」 美穂圭子 齋藤吉正 「アンケート」 「千秋楽」 綺華れい 涼紫央 未涼亜希 凰稀かなめ 「夢」 「音楽」 轟悠 天真みちる 遠野あすか 朝夏まなと 七帆ひかる 真野すがた 日向燦 華形ひかる 「Hits記録」 紫城るい 白羽ゆり 音月桂 小池修一郎 「エジプト旅行」 早霧せいな 青樹泉 「花舞紀行」 明日海りお 湖月わたる 「入り出」 望海風斗 「スミレ戦隊AQUA5」 「初日」 正塚晴彦 「メガネ」 星条海斗 美羽あさひ 望月理世 藤井大介 「グルメ隊」 出雲綾 凪七瑠海 彩那音 「プチミュージアム」 「アンケーツ」 夢咲ねね 桜一花 「駄文(闇)」 「おいら。」 「お茶会」 悠未ひろ 「お髭」 夢輝のあ 北翔海莉 「美容」 「初舞台生」 「誕生日」 植田景子 「ブログ戯言」 北嶋麻実 白華れみ 「Michael_Jackson」 花野じゅりあ 龍真咲 和音美桜 木村信司 高翔みず希 真矢みき 紅ゆずる 立樹遥 「新人公演」 貴羽右京 「漫画」 萬あきら 「観劇総数」 遼河はるひ 夏美よう 「T4」 「ポスター列伝」 愛原実花 十輝いりす 月野姫花 寿つかさ 悠真倫 桐生園加 初姫さあや 銀華水 彩苑ゆき 紫吹淳 大湖せしる 天咲千華 水美舞斗 春風弥里 草野旦 大野拓史 舞風りら 一樹千尋 蒼乃夕妃 鳳翔大 沙央くらま 「男前豆腐」 暁郷 磯野千尋 檀れい 紫峰七海 美郷真也 柊巴 立ともみ 真風涼帆 舞羽美海 「映画」 柴田侑宏 大月さゆ 祐澄しゅん 山科愛 春日野八千代 宇月颯 煌雅あさひ 彩海早矢 「演出家」 「81期」 絵莉千晶 月央和沙 愛華みれ 扇めぐむ 香寿たつき 麻尋しゅん 夢乃聖夏 日高大地 愛純もえり 大浦みずき 汀夏子 羽桜しずく 七海ひろき 華凛もゆる 美牧冴京 「アフロ」 越乃リュウ 彩輝直 谷正純 「ゲーム」 大河凜 邦なつき 吉田優子 鳳蘭 栗本薫 鳳樹いち 水瀬千秋 聖花まい 嶺乃一真 紫陽レネ 安里舞生 貴千碧 ふづき美世 飛鳥裕 蓮城まこと 風莉じん 麻愛めぐる 研ルイス 咲真たかね すみれ乃麗 祐穂さとる 御崎恵 榛名由梨 玲実くれあ 植田紳爾 高嶺ふぶき 天勢いづる 紫苑ゆう 琴まりえ 梅園紗千 百花沙里 花峰千春 夏城らんか 輝良まさと 天緒圭花 美春あやか 花織千桜 「おとめ」 神麗華 蘭乃はな 小柳奈穂子 瀬戸かずや 真輝いづみ 岡田敬二 芽吹幸奈 五峰亜季 梓晴輝 生田大和 緒月遠麻 鳳月杏 風斗 美輪明宏 望海 れみ 白華 萌野りりあ 舞城のどか 横尾忠則 大伴れいか 青木朝子 太田健 鈴鹿照 千雅てる子 叶千佳 天海祐希 映美くらら 音花ゆり 嘉月絵理 水輝涼 朝澄けい 秋園美緒 真波そら 児玉明子 花瀬みずか 黒木瞳 八雲美佳 鈴木圭 千紘れいか 早乙女わかば 美弥るりか 仙堂花歩 稀鳥まりや 矢吹翔 漣レイラ 尚すみれ 鳳真由 南海まり 酒井澄夫 湖々マリア 甲斐正人 谷みずせ 穂月はるな 琉動真瑳 「花のみち」 香翔なおと 茉莉邑薫 汐美真帆 初嶺麿代 蓮水ゆうや ゆり香紫保 彩輝なお 花純風香 彩愛ひかる 花影アリス 星奈優里 「携帯電話」 「ビデオ鑑賞」 瀧川末子 「パレード」 朝峰ひかり 「女装」 冴月瑠那 石田昌也 貴怜良