• 明智小五郎のタキシード。
    後輩のノリちゃんは宝塚初心者さんなので、いろんなことを訊いてくるんですが、ファンフィルターが薄い分、感想が正直でストレートでものすごく面白い。「前のトップの春野さんは、どういう人だったんですか~?」…はたと考え込んでしまいました(笑)うーんと、えーっと。…すごいヒト、か。一言でいうならば。「どんな感じにすごいんですか?写真観ましたけど、あんまり美形って感じではないですよね~?」…まあ、フォトジェニックでは...
  • Welcome back to...?◆TUXEDO JAZZ
    NHKBS、凄ッ。連日絶賛放送中の年末宝塚特集。今日の放送は花組「黒蜥蜴/TUXEDO JAZZ」。初回放送…かな?チラっと録画したタキジャズを観たんだけど…なんなんだあれ。DVD版と全然違う!とにかくアングルが凄い。ズームイン、アウト、上から下から右から左から。なんつーカオスな編集だ。狂乱の場面に入っていく処の臨場感に鳥肌が立った。うーぁー…今とってもオギー脳な上に(なんじゃそら)春野寿美礼サンを見ると目が熱くなってきて...
  • 絶唱◆花楽
    本日、日曜の東宝楽映像が出ましたけれども。貴方、なんてカオして歌っているの、明智さん。悲痛。苦しい。哀しい。いとおしい。アノヒト人間ですか。芝居もショーも、なんか憑いてないかー。ショーはちょこっと音楽にアレンジかかってるねえ。東宝にうつるとこういう変化があるから、いいなあ。初日の演出は、花組に帰ってきた壮君に薔薇を一輪でした。千秋楽は、みわさんに、「舞姫の扇」を渡すという粋な仕掛け。始まったころは、...
  • 狂った女神にこの身を捧げよう◆TUXEDO JAZZ
    よーやくタキシード(TUXEDO)の綴りを覚えました。TAXEEDとかTUXEEDとかいろいろ間違ってたよ(苦笑)だって冒頭にTAXI(タクシー)が出てくるじゃん!日本人なら絶対混同しちゃうよ?実況CD、ガンガン聴いてます。映像だと、画面の方に気をとられてしまうんだが、音だけに集中するのも好き。特にオギーショーは、演出も音楽も全体が一貫したつくりなので、普通のクラシック作品を聴いてるみたいで、聴き応えがある。初めて見た時は、わ...
  • 貴方のおかげで…Heartache。
    ♪Welcome back to Manhattan~♪DVDはまだ出てないんで、TUXEDO JAZZの音声をじーっと聴いている。これは…すごい作品だなあ。初めて観た時は、流れるように終わってしまって、オギーにしてはオサレにサックリ、という印象だったんだが。時が経つにつれ、またCSでダイジェストを観るにつれ、ぐるぐ~るアタマをかけめぐるオサさまとシビさんのお歌。お洒落なスタンダード・ジャズです。お洒落だけど、濃い。中毒のようにハマってい...
  • よくわからない、が…◆花組新公雑想
    ENAKのコラムニスト、石井啓夫氏の黒蜥蜴新公の記事がでてるんですが。リアリティーで見せた「明智小五郎の事件簿 黒蜥蜴」 ま、ほめてんだかけなしてんだかよくわからないその文体はおいといて、ラストの補足がひっかかる。 >気になったことが一つ、その桜乃が出るシーンで同じく登場、美人顔で目立つ娘役がいた。下手端とか背景位置だから、最下級生と思われる。断定はしないが、暗転の時やポーズの決まりの時に客席に向かっ...
  • 蜥蜴新公・その2
    観てないのに記事を書き続けてみる(笑)我が家は24時間CSつけっぱなしなので、朝は7時から始まるタカラヅカ・ニュースで起きる。起きるってか、半起きの状態で布団の中で聴いている。というわけで寝ぼけた頭で聴いていた花組新人公演ニュースの感想。まなと氏の声が、オサ様化してます。具体的にゆーと、喉をめいっぱい開いて発声する感じか。すみか蜥蜴は…ホントに上手かった。どちらかというとあやねちゃんより大人っぽいかなあ。...
  • 蜥蜴新公
    の、ののすみは相当凄かったらしいですね。NOW ON STAGE(東宝)でも、オサさまハッチさんべた誉めだったからなあ。あたしは大劇新公も観にいけなかったのだ。ふえ~。大劇の映像観る限り、まなと君は歌もそこそこに、キッチリこなせてる感じがしました。で、オカオはほんとにタカコさん似だけど。あ~もう。なんでもいいから、はやく大劇場に行きたい。CS入ったから、満足して回数減るのかと思ってたけど、より加速している気がス...
  • 彼はわるくない、でも(笑)◆タキシード・ジャズ
    歌は歌える人に歌わせる。踊れるひとに躍らせる。それがオギーの基本だ。タキシード・ジャズの中盤で、「THE CONTINENTAL」というスタンダード・ジャズ曲が使われてますよね。シビさんとオサさんのすてきな掛け合いや、銀橋に揃っての盛り上がり場面なので、印象に残る曲のひとつだと思うんですが。アレ、初日に観たとき、とあるショーが頭をちらついて離れませんでした。それは2005年宙組上演の「ネオ・ヴォヤージュ」。タップの場...
  • スミレとサクラで1周年◆花組千秋楽
    先月の月組千秋楽時よりも気温が低く、地球温暖化の異常気象を肌に感じるこの頃。昨日、花組大劇場千秋楽に行ってまいりました~!あまりに毎日バタついてるんでやめようかとも思ったんですが、やっぱり行ってよかったよ!!あの、ハルノスミレのとてつもない吸引力は何なんだ。いやもう凄い。ひたすら凄い。身体の隅々まで痺れる声量。明智さんなんだけど、ハルノスミレ。つま先からてっぺんまで、全ての動きがハルノスミレ。浮浪...
  • ドラえもんの夢オチか◆黒蜥蜴・4
    そもそもなんであんなにベタなオチなんでしょうね。実はふたりは××だった、って…どこぞの韓流ドラマや昼メロじゃあるまいし。あのバッサリ感は夢オチと同じレベルで安っぽい…。「ドラえもんは現実逃避したいのび太の妄想だった」今まで出演者がさんざん盛り上げてきたドラマをバッサリ斬り、それで事件は解決かい?哀れまれておわりなの?兄妹ネタをつかうなら(あ、云っちゃった)、それなりにタブー感をかもし出しつつ苦悩させてド...
  • 考察◆黒蜥蜴・3
    やっぱりアレを絶望の動機にして死ぬっていうのが、どーしたって唐突なんだよなあ…。黒蜥蜴=緑川婦人の解釈についてえー、単なる考察メモです。あたまわるいので、いろいろ考えたけど一貫した論理が成立しなかったため^^;、とりあえず印象の箇条書きで。三島版は知らないのであくまで小説「黒蜥蜴」との対比。・明智の事件簿は決して推理モノではない。「探偵小説」というエンターテインメントだ。出し抜き、出し抜かれ、がストーリー...
  • 音楽の効果◆黒蜥蜴・2
    甲斐正人氏の音楽が、大好きだ。多重コーラスがひきたつ構成や、耳に残るメロディは、相当に木村信司の演出を底上げしていると思う。いつものように大人数コーラスでくるのかと思いきや、やはり花組・春野寿美礼。登場からラストまで、これでもか、と歌う。劇場に響き渡り、身体が痺れるようなその歌声に聴き入る。あまりにあからさまな伏線も、強引な展開も、最後にはあの鬼気迫る熱唱でカタルシスにもちこんだ。なんというスター...
  • 木村信司のテーマ◆黒蜥蜴・1
    この人のうるさいまでの説教くさい作風は、賛否両論分かれるだろうと思う。叫びたいことを、バカストレートに叫ぶからだ。テーマが批判されるよりも、そのストレートさが問題になるんだと思う。テーマが嫌われるんなら、タカラヅカにはいないだろ。「どうして戦争がおこるの?」と無邪気にオトナに尋ねるこどものように、どうして?何故?と、迫ってくる。言葉の単純さや、ストレートさは、確かに力でもある。人間って、同じことを何...
  • 明智寿美礼見参(笑)◆花初日
    初日の幕があがりました。年間で一番寒いはずの時期ですが、雨が降ってもまったく寒さを感じないなあ。オサさまのシングル「終りない旅」初回特典DVD付きゲト★ただいま宝塚から梅田に向かっております。帰省するので、PCから更新は出来ないんですが、携帯でちまちまアップするべ~。...
  • たからづかにゅ~す
    植爺についやした時間が消えてちょっとショックを引きずりつつ、もーなんか新しいこと書こ。雪組のオヅキさん、「清く正しく美しく」休演でどうしたんだろうと思ってたら「ノン・ノン・シュガー」もお休みですってね。怪我って…お稽古中の怪我なのかなー…ほんとジェンヌさんて身体が資本なアスリートですねえ…。エリザまでには治るのかしら。花は新公配役でました~朝夏まなと!野々すみ花!最近プッシュですね~まなとさん。タカ...
  • 江戸川乱歩◆黒蜥蜴
    BOOK OFFにて小説「黒蜥蜴」を購入。乱歩の小説は角川ホラー文庫など、色々なカタチででているんだが、光文社文庫版の装丁が一番気に入ってるので探してたのだよ。冒頭のカラーページには初版の写真なんかものってたりする。ちなみにいつも通り歌劇・グラフも大量購入っす。実家から戻る時が大変なんだけどな。「アンタいっつも何持って帰ってんの?」と家族に呆れられ。...
  • ぬぁ。◆黒蜥蜴配役決定。
    ちょっとー。オサさまの黒蜥蜴、期待してたのに!全ツのエトワールでアオってたんじゃなかったの!!?もう!所詮ファントム以降しか知らない初心者なもんで、あやねちゃんの実力がどれほどのものかはわからないが、役としてはかなり冒険だよ、ね…。ていうかあたしは可憐なあやねちゃんがスキなのよー!毒々しい女は、やっぱりオサかまとぶんで観たい…。や、まあユミコちゃんも組がえしちゃったことだし、腐女子愛は封印の方向で(爆)...

プロフィール

ニケ

カテゴリー

ユーザータグ

真飛聖 「最新情報」 大和悠河 安蘭けい 「退団」 瀬奈じゅん 壮一帆 水夏希 和央ようか 「ラインアップ」 「グッズ」 桜乃彩音 大空祐飛 春野寿美礼 蘭寿とむ 初風緑 彩吹真央 「メディア」 朝海ひかる 愛音羽麗 荻田浩一 樹里咲穂 霧矢大夢 「スカイ・ステージ」 柚希礼音 「拍手レス」 貴城けい 「遠征」 未来優希 陽月華 「ネタ」 彩乃かなみ 「ビデオ観賞」 「ラストデイ」 「惜しみなく愛の言葉を君に捧ぐ」 野々すみ花 花總まり 矢代鴻 「ポスター」 「イベント」 美穂圭子 齋藤吉正 「アンケート」 「千秋楽」 綺華れい 涼紫央 未涼亜希 凰稀かなめ 「夢」 「音楽」 轟悠 天真みちる 遠野あすか 朝夏まなと 七帆ひかる 真野すがた 日向燦 華形ひかる 「Hits記録」 紫城るい 白羽ゆり 音月桂 小池修一郎 「エジプト旅行」 早霧せいな 青樹泉 「花舞紀行」 明日海りお 湖月わたる 「入り出」 望海風斗 「スミレ戦隊AQUA5」 「初日」 正塚晴彦 「メガネ」 星条海斗 美羽あさひ 望月理世 藤井大介 「グルメ隊」 出雲綾 凪七瑠海 彩那音 「プチミュージアム」 「アンケーツ」 夢咲ねね 桜一花 「駄文(闇)」 「おいら。」 「お茶会」 悠未ひろ 「お髭」 夢輝のあ 北翔海莉 「美容」 「初舞台生」 「誕生日」 植田景子 「ブログ戯言」 北嶋麻実 白華れみ 「Michael_Jackson」 花野じゅりあ 龍真咲 和音美桜 木村信司 高翔みず希 真矢みき 紅ゆずる 立樹遥 「新人公演」 貴羽右京 「漫画」 萬あきら 「観劇総数」 遼河はるひ 夏美よう 「T4」 「ポスター列伝」 愛原実花 十輝いりす 月野姫花 寿つかさ 悠真倫 桐生園加 初姫さあや 銀華水 彩苑ゆき 紫吹淳 大湖せしる 天咲千華 水美舞斗 春風弥里 草野旦 大野拓史 舞風りら 一樹千尋 蒼乃夕妃 鳳翔大 沙央くらま 「男前豆腐」 暁郷 磯野千尋 檀れい 紫峰七海 美郷真也 柊巴 立ともみ 真風涼帆 舞羽美海 「映画」 柴田侑宏 大月さゆ 祐澄しゅん 山科愛 春日野八千代 宇月颯 煌雅あさひ 彩海早矢 「演出家」 「81期」 絵莉千晶 月央和沙 愛華みれ 扇めぐむ 香寿たつき 麻尋しゅん 夢乃聖夏 日高大地 愛純もえり 大浦みずき 汀夏子 羽桜しずく 七海ひろき 華凛もゆる 美牧冴京 「アフロ」 越乃リュウ 彩輝直 谷正純 「ゲーム」 大河凜 邦なつき 吉田優子 鳳蘭 栗本薫 鳳樹いち 水瀬千秋 聖花まい 嶺乃一真 紫陽レネ 安里舞生 貴千碧 ふづき美世 飛鳥裕 蓮城まこと 風莉じん 麻愛めぐる 研ルイス 咲真たかね すみれ乃麗 祐穂さとる 御崎恵 榛名由梨 玲実くれあ 植田紳爾 高嶺ふぶき 天勢いづる 紫苑ゆう 琴まりえ 梅園紗千 百花沙里 花峰千春 夏城らんか 輝良まさと 天緒圭花 美春あやか 花織千桜 「おとめ」 神麗華 蘭乃はな 小柳奈穂子 瀬戸かずや 真輝いづみ 岡田敬二 芽吹幸奈 五峰亜季 梓晴輝 生田大和 緒月遠麻 鳳月杏 風斗 美輪明宏 望海 れみ 白華 萌野りりあ 舞城のどか 横尾忠則 大伴れいか 青木朝子 太田健 鈴鹿照 千雅てる子 叶千佳 天海祐希 映美くらら 音花ゆり 嘉月絵理 水輝涼 朝澄けい 秋園美緒 真波そら 児玉明子 花瀬みずか 黒木瞳 八雲美佳 鈴木圭 千紘れいか 早乙女わかば 美弥るりか 仙堂花歩 稀鳥まりや 矢吹翔 漣レイラ 尚すみれ 鳳真由 南海まり 酒井澄夫 湖々マリア 甲斐正人 谷みずせ 穂月はるな 琉動真瑳 「花のみち」 香翔なおと 茉莉邑薫 汐美真帆 初嶺麿代 蓮水ゆうや ゆり香紫保 彩輝なお 花純風香 彩愛ひかる 花影アリス 星奈優里 「携帯電話」 「ビデオ鑑賞」 瀧川末子 「パレード」 朝峰ひかり 「女装」 冴月瑠那 石田昌也 貴怜良