• 遠野賛歌◆ベルばらベルナール編
    勢い余った叫びに賛同してくださった方ありがとうございます;とうこさん、なかなか好評のようです。そしてもうひとつ。「娘役・遠野あすか」に脱帽。ポスターの時点では、今更あすかちゃんにロザリーはどうなの、なんて思っていた。正直すまんかった。…むちゃ可愛い!ロザリーの持つ清楚な可憐さと芯の通った性格が自然にでているの。ここのところあすかちゃんの「娘役」にはとんとお目にかかっていないものだから、忘れてたなあ。...
  • 恋するきもち。◆ベルナール編
    ベルナールの、「好きになっても、いいか?」に萌えた人!挙手ッ!!不意打ちです。アイラヴ安蘭けい史上最高に、乙女心が疼きましたってば。Σ(゚Д゚;エーッ!アイーダ以来かもしれません。…いや、私がとうこさんに求めるものって、基本的には「見果てぬ野望と破滅のカリスマ」だったりするるので。繊細さと強靭さを併せ持つ、強烈なパッションの噴出。グイン・サーガでいうならイシュトヴァーンだ。だから、その崇拝者であり、賛美者なん...
  • 御大が普通の物語を書いたように見えたりするベルナール編。
    ベルばら外伝3部作における脚本について。3部作コンプリートした宮さまと、花・星を観たおいらで終演後に話し合った結果、星組ベルナール編が一番まともに観えたというのが結論だ。外伝3部作のテーマは「市民革命」であり、最大の敵は「ナポレオン」である。その軸さえしっかりしていれば、前作で混乱しなかった。対オスカルへの恋情を無理やり挿入するからテーマがぼける。オスカルへの愛による心情の変遷や、アンドレを加えた三...
  • 永遠に輝け、革命のオベリスク!◆ベルサイユのばら外伝
    星組初日@梅田芸術劇場。安蘭けいは、スターでした。宝塚に限ったことじゃないが、脚本に穴がない完璧な作品というのはそうそうないのだろう。それほど、大勢のキャラクターを動かすことは困難なことだと思う。展開に矛盾があったり、行動に一貫性がなかったり、完結していなかったり。そんな不完全な土台の上で、観客にどう感動させるか。一人で書く小説と違って、幸い舞台は総合芸術だ。音楽やダンスパフォーマンスで盛り上げ、...
  • ベルナール編ポスター
    ■ベルサイユのばら ベルナール編/ネオ・ダンディズム3 ポスターhttp://kageki.hankyu.co.jp/revue/93/poster.jpg.htmlここここ、濃いよぅぅぅなんか先行ポスターのときはどうしようかと思いましたが、シックに美しく、さらに濃くなって、いいじゃーん。やーしかし濃い・・・とうこさん劇画のやうです。今更あすかちゃんにロザリー?という気はしないでもないが。(いや貫禄ありすぎて・・・)あすかちゃんのベルばらって宙の2001...

プロフィール

ニケ

カテゴリー